スタジオで撮影する

お宮参りでの写真撮影

赤ちゃん

赤ちゃんが誕生したら、それからおおそ1ヶ月経った頃に行う大切な行事がお宮参りです。これは、赤ちゃんが無事生まれたことを神様にご報告する意味や、これからの健やかな成長を祈る意味などが込められた、日本に昔から伝わる伝統的なしきたりです。そのため、記念すべきその瞬間を写真に収めようとする人も多く、大抵は家族揃ってお宮の前などで写真撮影することが一般的となっていました。しかし、最近はこのお宮参りでの写真撮影の仕方に変化が見られてきています。 現在人気があるのは、フォトスタジオでの撮影です。フォトスタジオではプロのカメラマンがしっかりと撮影してくれるのでキレイな写真が残せます。

赤ちゃんの撮影時の注意点

そして、なんと言っても赤ちゃんが主役の撮影です。どうしてもぐずったり、なかなか笑顔になれない赤ちゃんをあやすために、スタッフが必死になって対応してくれます。せっかく干支の被り物をしても、可愛いドレスを着せても、表情が浮かなければ意味がありません。そのため、お宮参りの後等、赤ちゃん自身が疲れきっているような時に撮影するのも避けるべきです。できるだけ、赤ちゃんの体調がよく、機嫌も良い時を狙って撮影することがポイントになるのです。 お宮参りが終わると、その次はお食い初めや七五三、誕生日、入学等、様々な節目ごとの行事が続きます。その度にフォトスタジオを利用すれば、それなりの費用負担が出てくるようになります。大切なのは必要に応じて賢く利用することなのです。